最初はグーでチョキを出す勇気

吃音、不安障害(初診はうつ病)のフリーランスです。
Webデザインや、農業、その他諸々やっています。
保有資格は統計検定2級や応用情報技術者など。
現在はFPと社会保険労務士の勉強をしています。
不安障害フリーランスのリアルを綴っています。

昨日、うつ病予防.com内、うつ病療養者の実情ページにいただいた、

メモ帳さんからの(追記)投稿


うつ病療養のためにしている習慣(運動、睡眠、食事、その他、療養のためにしていること):
・自分の好きなことをする。嫌なこと、苦しいことはしない。
・善友を持つようにする。善友についての資質は七善友法を参考にしている。
【七善友法】
1.愛らしく、親しみが感じられる
2.頼りがいがあり、尊敬できる
3.智慧深く、理解力があり、たえず自己の向上に努めている
4.話し方を知り、巧みな方便を駆使して上手に助言や忠告ができる
5.どんな内容の相談事、質問や批判であっても熱心に傾聴できる
6.どんなに複雑、難解な内容も、明確に説明ができ、より深い学びへと導いてくれる
7.道理に合わないこと、誤った道、破滅への道へと人を迷わすことがない
・仏教の考え方を参考にしてみる。カーラーマ経を参考にしてみる。


仏教や禅については、以前もどこかで、

うつ病の療養に”効果がある”と聞いたことがありました。

ただ、うつ病予防.comに書いていただいたのは、今回が初めて。


自分自身、なかなかうつ病が治らないのは、

睡眠時間の不足だけでもなく、

食生活の問題だけでもなく、

運動不足の問題だけでもなく、

どこか、思考的な問題もあるのではないかと思っていたところでした。

まだ、思考に関しての訓練は、この5年間で一切していません。


どうしても不安になってしまう、

そんな不安を払拭できれば、

今現在も起こっている、ヒステリー球や吐き気は、少なくとも改善する気がします。


そんな中、数名からTwitterで、ご意見をいただきました。





ここまで言われると、結構説得力というか、少し試したくなります。


ただ、自身の性格上、なかなか物事に感化されないタイプなので

(だから、「ワクイは何考えているのかわからない」と言われるのか・・・)

(だから、高校時代「国語の偏差値35くらい」だったのか・・・)

なかなか自身の生活に取り入れることができるのか、少々不安ではあります。






枡野 俊明さん・・・なんか聞いたことあると思ったら、



『心配事の9割は起こらない』の著者でしたか・・・。

この本、この間ブックオフで買おうか悩んだ本でした。


今は、外出することも少しつらい状況なので、

元気になったらまたブックオフに駆り出すか・・・

はたまた、Kindle版を購入するか・・・


悩ましいところですが、せっかくなので、勉強してみたいと思います。


今回、貴重な体験談をご提供いただいた、メモ帳さん、

Twitterでリプライくださった方々、

本当に、ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット