最初はグーでチョキを出す勇気

吃音、不安障害のフリーランスです。
Webデザインや、農業、その他諸々やっています。
保有資格は統計検定2級や応用情報技術者など。
現在はFPと社会保険労務士の勉強をしています。
不安障害フリーランスのリアルを綴っています。

昨日書いたブログ

うつ病”予防”のプラットホームを作ることにしました。~軽度のうつ病が4年経っても治らない。もはや患ってからでは遅いと思うんです。~
 

現在、サービスについて、いろいろ模索中です。
特に、ターゲット(精神的健康者)に対するアプローチの仕方です。


今までうつ病の方に聞いた話なのですが、うつ病にかかった方って、
僕自身も含めてなんですが、結構な率でこう思っていると思います。 

まさか自分がうつ病にかかるなんて思わなかった
 

こう思っている人、本当に多いと思うのです。
うつ病あるあるだと思います。


で、もう一つ、うつ病あるあるを紹介すると、

なんで他の人ってうつ病にならないんだろう。
うつ病にならない方が不思議



うつ病を患ってしまった人、こう思っている人が多いと思います。



で、昨日書いたブログにて、「うつ病にかからないための取り組み」
について、サービスを設立しようというもの。


ツイッターで結構大きな反響を得ることができました。


リツイート、いいねを押してくださった方々、ありがとうございます。
結構な方が、興味を示してくださり、嬉しいです。


さて、このツイートのインプレッションで一番共感した反応はこちらです。


そうなんです。うつ病でない精神的に健康な方が、

”うつ病ではない状態を維持する為”

に行動するなんて、

上記で書いた通り、うつ病に自分はならないって思っている方に、
うつ病にならない為の行動を促すのは、とても困難だと思います。


そもそも、何がうつ病を引き起こすのか、具体的に自分自身も分かりません。
専門家ではないので。


でも、現在うつ病を患ってしまい、療養中の方が、
医者にアドバイスされ、現在の私生活で行っていること


この行動が、うつ病にかからないための行動にも当てはまると考えました。

散歩
栄養バランスの取れた食事
運動
ストレッチ
ヨガ
手を動かしたモノづくり
家に引きこもらず、人と話す


そんなことを今まで僕は言われてきましたが、

これらのことって、おそらく、うつ病の療養だけではなく、
うつ病にかかっていない方が、今後うつ病にかからない為にしてもいいんじゃないかと考えました。 


でも、うつ病にかかっていない方が、”一人で”うつ病にならないことを意識してできるのか?


きっと、難しいと思います。

だから、僕はこういう取り組みにしたいと思います。



うつ病療養中の方が、
うつ病を療養するために行っていることを
精神的健康者と一緒にする


一緒に散歩する。
一緒にジムにいく。
一緒に健康的な食事をする。
一緒に話す。


こんな習慣があったら、きっと今のうつ病人口の増加を食い止められるんじゃないかって

ふと思いました。


これは別に、ワークショップでもなんでもなくて、僕自身含めうつ病を療養中の方が、

普段の生活に、こういった機会を入れてほしいというものです。


僕は、うつ病の人がどんな療養が効果的か、

うつ病を克服した方や、現在うつ病を療養している人、通院先の精神科医から、

情報を集め、これから作成するWebサイトにどんどん蓄積させていこうと思います。


こんな形で、うつ病の発生を食い止める活動をしていきたいと思います。

なので、うつ病の療養をしている方にお願いがあります。

もちろん、他人より自分の療養の方が大事だ。他人を気にしている場合ではない。

って思う方もいるかもしれません。それが普通だと思います。

でも、それは十分承知で、もし、僕に共感してくださる方がいらっしゃいましたら、


このブログのコメント欄に、

・うつ病歴、克服有無
・どんな療養方法を医者に言われたか、どんな療養方法を今現在しているか

こんなことを、書いていただけたら嬉しいです。



ご支援、よろしくお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット